イオン九州株式会社

イオン九州株式会社

環境・社会貢献活動

環境・社会貢献活動

イオングループでは、地域や社会や未来のためにできることを考え、
寄付や環境保護、復興支援などの活動に力を注いでいます。
近年、イオン九州が取り組んできた社会貢献活動や環境保護活動について、その一部をご紹介します。

まごころサンタが
熊本復興支援

イオン九州は、労使が一体となった熊本地震復興支援ボランティア活動として、2016年から従業員が扮するサンタクロース「まごころサンタ」がプレゼントを携えて、熊本県益城町にある仮設団地をクリスマスの時期に訪問しています。各戸を訪問し、住民の皆さまへ笑顔と復興への願いを込めたプレゼントをお届けしています。

3店舗で
フードドライブ開始

2019年4月より、福岡県との包括協定の一環として、県が推進する食品ロス削減運動に参画し、イオン八幡東店・イオン戸畑店・イオン若松店の3店舗においてフードドライブを開始しました。各店舗で集められた食品は、特定非営利活動法人フードバンク北九州ライフアゲインを通して食品を必要とされている施設に寄付されます。

イオン
幸せの黄色いレシートキャンペーン

2001年より毎月11日の「イオン・デー」に「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」を実施。お客さまに、応援したい地域ボランティア団体のボックスにレシートを投函していただき、レシート合計金額の1%相当の品物をボランティア団体に寄付します。イオン九州では2018年度約2,700万円相当の品物を1,146団体へ寄付しました。

ボランティア
給付活動

毎年クリスマス時期にボランティア活動として九州の各店舗の従業員がプレゼントを携えて各地域の支援施設を訪問。活動費用は障がい者の福祉の増進を理念とするイオン社会福祉基金と、労使双方から毎月100円ずつの積み立てで運営されているイオン九州社会貢献基金から拠出されています。

ペットボトルキャップ
回収キャンペーン

イオン九州では2006年からペットボトルキャップの回収を開始し、お客さまとともに、世界の子どもたちにワクチンを届ける支援活動に協力しています。2018年度の販売収益金135万701円は、認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを日本委員会」さまに寄付されます。
※現在キャップの回収は、教育施設からのみ受け入れしています。

国際交流
留学生支援

イオン九州は、福岡県と公益財団法人福岡県国際交流センターが行っている「福岡アジア留学生里親奨学金事業」に賛同し、毎年アジアからの留学生の里親となって奨学金を交付する支援活動を実施しています。これまでに8名のアジアからの留学生を支援し、アジア地域の発展に寄与する人材の育成に協力しています。

植樹活動

今から50年ほど前の1960年代。当時ジャスコ株式会社(現イオン株式会社)の社長だった岡田卓也(現名誉会長相談役)は、三重県四日市の自宅の庭に植えた南天の花が咲かなくなったことに、地球環境の異変を感じました。「自然の恵みを失うことは、豊かさの根源を失うこと」という大きな危機感を抱き、「小売業としてできることは何か」を考えた結果、1991年より植樹活動を開始しました。
世界各地のお客さまとともに進めてきたイオンの植樹は、今年で29年目をむかえました。イオンはこれからも、未来につながる植樹活動を続けていきます。

綾町イオンの森づくり

イオン九州では1992年から約71万本の木を植えてきました。2018年10月には宮崎県綾町「綾町イオンの森づくり」において宮崎イオン チアーズクラブの子どもたちをはじめ、約200名のボランティアが、同11月には大分県竹田市にてイオンの従業員をはじめとした約800名のボランティアが、合わせて1万本の苗木を植樹しました。

植栽帯管理研修

新規開店の際には、店舗の周辺に、地域のお客さまとともに苗木を植樹します。そしてその苗木が成長し、「イオン ふるさとの森」として地域の皆さまの憩いの空間となっています。イオン九州では大きく成長した木々を適切に管理することを目的として、店舗従業員を対象とした植栽帯管理研修を実施しています。

イオン
チアーズクラブ

イオン チアーズクラブは小学校1年生から中学校3年生までの子どもたちが、環境に興味を持ち、考える力を育てながら、集団行動を通じて社会的なルールを学んでいくことを目的としたクラブです。現在、九州では41クラブ、約540名の子どもたちがコーディネーター(店舗従業員)とともに定期的に活動を行っています。また、1年間の学びを発表する活動成果発表大会も開催しています。

有料レジ袋
販売収益金の寄付

イオンは1991年に「買物袋持参運動」を始めて以来、お客さまとともにレジ袋の削減に取り組んでいます。2007年には全国のチェーンの小売業として初めてレジ袋の無料配布を中止し、2013年11月からは食品売場において環境負荷の少ないバイオマス素材のレジ袋を販売。有料レジ袋の販売収益金は地域の環境保全に取り組む団体に全額寄付されます。

RECOMMEND

おすすめ情報